長期間出来ない人が短期間で痩せる

どうしても長期でダイエット出来ない人が短期でやるならこれがいい

ダイエットは出来るなら長期間で徐々に痩せていった方がいいのですが、なかなか上手く行かなく諦めてしまう方も多いのが現実です。短期間で体重を落としたい人の為に、ダイエット専用食品を選ぶ際のポイントをあげます。食事自体をダイエット専用食品にすぐに置き換えるので、しっかりとした「モノ的な」ものを前提に選びます。サプリメントやお酢、酵素の様な飲み物は補助食品として考えてますので今回は除外です。

 

 

 

短期間でダイエットする際のダイエット食品の選び方のポイントは?

短期間で一気に体重を落とすと、お肌が荒れることがあります。荒れないようにするために栄養が沢山入ってバランスの取れた物を選びます。値段も安いものではあきらめもしやすいのでダメ。リスクを取るためにある程度高い物がいいです。

 

カロリーが少な過ぎないもの
一食分のカロリーが少な過ぎると脳が生命維持の為に、カロリーを欲しがってしまい命令を出してしまいます。分り易く極端な例として、カロリーが無いお水をたくさん飲んでもその時はお腹が膨れますが、すぐに空腹になってしまいます。空腹にならないのならお水だけでダイエット出来ますよね?お水では脳の満腹中枢を刺激出来ませんので結果我慢できずに食べてしまいます。一食分のカロリーは150Kcal以上は心がけましょう。

 

満腹感があるもの
水分を多く含むものか噛むもの。満腹中枢を刺激してくるもの、満腹感がないと続けるのが難しいです。食べても空腹だと途中挫折する可能性大なので満腹中枢を刺激してくれるものがいいです。

 

甘く感じられるもの
脳が甘いお菓子やおやつが欲しくなるのでしょうがないです。しょっぱいものより甘いものの方が満腹感が出ます。

 

口コミに左右されない
口コミとは本来、直接の知人の話からまわってくるものです。まったく誰だかわからない人が書いたものを信用出来るのですか?先の食べログの自作自演の口コミもしかり。今のシステムでは口コミを投稿すると、ポイントや景品目当てに良い事しか書きませんのでいまいち信用なんて出来ません。あくまでも参考程度のしておいた方がいいでしょう。

 

長年売れていて有名なもの
長年売れているものはリピーターが多いので安全面で心配が少ない。リアルタイムランキングだとその時間だけでトップに来てしまう時がありますので、月間や年間を通して上位に来るものがいいです。

 

正規品・正規販売ルート
有名石けん問題の様に何かあった時、正規ルートではなく訳ありやオクで購入したものは保証や対応に差が出てしまう場合がある。数万円も違うなら分かりますが、数百円から数千円です。値段的にもたいして変わらないので正規店や正規販売ルートで購入する。

 

栄養のバランスがとれているもの
短期集中で一気にカロリーを落としがちで栄養は偏ってしまいます。栄養のバランスが取れたものではないといけません。

 

 

 

商品を選ぶ時に安易にランキングの上位だけ見て決めていたりしていないですか?流行りのものだけに振り回されてませんか?上記のポイントを考慮してダイエット専用食品を選ぶのがいいでしょう。7つのポイントを見て当たり前の様に思うはずですが、意外にも書いて見てみないと忘れがちの事でもあるはずです。

 

ダイエット専用食品としては、ここまでのポイントと程よいリスクを踏まえるとヒルズコレクションが効果的です。ヒルズコレクションは少し高いなぁと思う方もいるはずですが、リスクの面で値段もそれなりにしますのであきらめづらくなります。あきらめづらいと思う心理を利用してより効果的に成功への道筋にする。

 

 

 

 

一歩踏み出すための考え方として
おいしさ+リスク+完食後でも返金可能の安心=希望の体重へ

 

●「おいしさ」大事な食事を置き換えるのですからおいしくないといけません。私がおしいいと思っているのは、ヒルズダイエットのパステルゼリーです。固めが好きなので牛乳は少なめに作ってます。その分味も濃くなるのでおいしいです。お好みに合わせて他のもので作るのも可能です。

 

●「リスク」リスクによって自身の逃げの心理を抑制させる。

 

●「完食後でも返金可能の安心」ダイエットしたいのに一歩が踏み出せない人が、一歩踏み出す勇気を与えてくれるのが「15食分、すべて食べきった後でも商品代金を返金してくれます」これ凄くないですか?逆に言うとコレぐらい自信が有るということです。試す価値は十分にあります。

 

またユーザーに対して一対一のサポートが充実しているので、プロの意見を聞きながら進めれます。短期間で痩せるとリバウンドの確率も多くなります。その為に始まり方や途中経過、終わり方などプロに相談すれば安心感を得てダイエット成功への道筋として下さい。

 

 

トップページ