ダイエットは長期間でやりましょう

ダイエットは長期でみましょう

ダイエットは長期間で徐々に体重を落として行ったほうが、リバウンドの心配も少なくなります。とかく女性は成果を早く目にできないと納得いかないものです。成果ばかりを気にし過ぎている人は、毎日体重計に乗ってませんか?ちょこっとやって体重を測っても多少の上限はあったにせよ安定してはいません。ダイエットは体重を落とせばいいだけではありません。成功した後も維持しないといけません。この維持自体もしっかりやらないと、せっかく上手くいったダイエットもリバウンドの餌食になります。

 

なぜ長期間でダイエットを行ったほうがいいのか?というのは、心(気持ち)の問題が非常に重要だからです。一気に短期間でも体重を落とすことは可能ですが、少しするとほとんどの方が元の体重以上になるでしょう。いわゆるリバウンドです。これは気持ちが伴ってダイエットしていないので、ストレスが残ったままただ単に体重を落としているからです。ストレスが残ったままだと、心の欲求が満たされてません。体重が落ちたとしても今度はその欲求を満たしに脳が働いてしまうのです。

 

脳の働きに対処できるわけもなく、徐々に好きな物を好きなだけ食べてしまいます。この様な事をなくすためには、なるべくストレスを逃してあげることが大事です。短期間で落とそうとするとストレスを逃がすまもなく、体重を落としに掛かるのでまず難しいです。人は自分に甘く、怠け者ですからなんでも一気にやろうとするとその後無理が来ます。

 

体重の落とし方も右の矢印の様な感じで落としたほうがいいのです。急激に一直線に下降するのではなく、たまには横道に逸れたような感じでいいのです。これがストレスを発散した時にくる体重の変化です。体重が多少上がってもまた修正してあげればいいので、この振り幅をなるべく小さくして修正する負担を小さくしてあげます。

 

体重も多少の上下はあるものの最終的に目標の体重へ行けばいいのですが、この期間を長めにとってあげます。長めにとってあげれば気持ちも安定させることもでき、多少の修正にも耐えられるのです。短期間で体重を落とすと一気に体重も戻ろうとしますので、修正しようとしても振り幅が大きく直すのも大変になり戻らなくなってしまうのです。

 

 

 

毎日体重計にのってばかりいて、毎日ストレスを感じながらのダイエットをしていませんか?停滞期に入って、なぜ落ちないの?とばかり悩んでませんか?大丈夫。しっかり徐々に一歩づつ進んで行けば、あなたの希望に近付いて行きます。楽してもいいと思います。ずっと頑張らなくていいのです。最初からその様な考えでは、ストレスばかりです。一気にやるのではなくて、ちょっとつづですよ。

 

 

人に与えられた環境ではダイエットは成功しません

 

 

トップページ